ヨガとの違い

pilates004

ヨガに似ていることからピラティスをその一つとして見られていることも多いようです。
たしかに、長い年月で歴史と伝統を抱えるヨガの影響下からピラティスが生み出されたことはいうまでもありません。からだをゆっくりと伸ばしたり、呼吸を意識しながら動かしていくことなど、似ている点もたくさんあります。
ただし、ピラティスはあくまでアメリカを発祥としているところからもイメージできるように、エクササイズとして日常生活やスポーツに必要な筋肉を鍛えたり肩こりや腰痛といった不快な症状を改善することにウェイトが割かれています。

この、からだのエクササイズがメインというのがピラティスの最大の特徴だといえるでしょう。もちろんヨガもからだのストレッチを通して肉体性と精神性を向上することが目的です。ただ、ピラティスの場合、からだを伸ばすことと同時に、インナーマッスルという内幹筋肉を鍛えていきます。結果として正しい姿勢を支えている全身の筋肉を適切な位置に調整することもピラティスならではのポイントです。

両者の共通点としてよく語られるのは、からだとこころを一体として捉えて、どちらもコンディションを整えていくことです。従来の西洋的な考え方ではからだとこころは別物として考えられていましたが、こうしたピラティスなどヨガのようなエクササイズを通して、アメリカでも両者の相関関係を大切にしていきはじめたことも、ピラティスが爆発的にブームになった理由と考えられるでしょう。

一方、ヨガとピラティスには明確な違いがあります。それは呼吸についての捉え方です。
ヨガはその成り立ちから連想されるように瞑想状態に入ってリラックスしていくことがメインのため、全身のリラックスを司る副交感神経を優位にさせる腹式呼吸を使います。
これに対して、ピラティスでは胸式呼吸を採用しています。交感神経を活発にさせて全身にパワーを与えて、頭をクリアにしていくのです。


2013年6月19日 ヨガとの違い はコメントを受け付けていません。 ピラティス